ケイ素(シリカ)とは

ケイ素を多く含む食品


ケイ素を多く含むじゃがいも




じゃがいもイメージ日常食べる食品からも、できればケイ素を多く摂るように心がけたいところです。

ケイ素が多く含まれている食品は、圧倒的に「穀類」が多いです。麦とか米とか、じゃがいもなどです。

じゃがいもは野菜という風に言う人もいますが、主食として食べている地域もあり、実はその定義は曖昧です。

さて、このじゃがいもなど「芋類」を主食として食べている民族は、大変身体能力が高いようです。

南太平洋の島々であるサモア、フィジー、トンガやハワイに住むポリネシア人は、ラグビーや格闘技、アメリカンフットボール、日本の相撲などといった巨体、パワーが必要な競技で活躍している人が圧倒的に多いです。

彼らの主な主食は、タロイモ、ヤムイモ、バナナ、ココヤシ、パンノキ、サツマイモなどが挙げられるのです。芋類が多いのが特徴です。

また、ドイツ人はじゃがいもを常食していることで有名ですよね。彼らは体格もよく、サッカーでも世界1、2位を争うほど成績がよいです。




課題のある米

玄米イメージ日本人にとっての穀物といえば、お米ですね。日本のお米が美味しく、世界的な評価が高い理由について、○○陛下に献上したコメづくりの名人が書いた本、「世界一うまい米を作る男たち」には以下の記述があるようです。

「籾殻には大量ケイ素が含まれている。ケイ素はガラスの材料でもあるように、非常に安定した結晶構造をしている。籾殻は、いわば米粒を一粒づつガラスコーティングしているようなものだ。 籾殻は93%ぐらいケイ素であるように、稲はケイ酸質が大好きです。このケイ酸質をいっぱい吸収させた米はおいしいし、日持ちもいい。」

美味しいおコメができるのは、ケイ素のおかげだと言っています。

しかし問題は、米といってもケイ素は籾殻に多く含まれていますので玄米を食べる必要があることです。玄米食の難しいところは消化に負担がかかることです。

水につけて発芽させてフィチン酸を分解するなどしないと、良かれと思って摂ったものが、返ってミネラル吸収を阻害する要因になりかねません。




食物繊維から摂取する方法



ケイ素は食物繊維の細胞膜の構成成分です。そのままでは吸収が難しいですが、以下のような工夫をすることによって消化管からの吸収が助けられます。

煮込み料理イメージ
  • 腹6分目に食べて、胃酸の塩酸によって分解し、水溶性にする方法。
  • 食物繊維食品を長期間発酵させることによって、水溶性に変換させる方法。これを一般的に「発酵食品」「酵素食品」といいます。
  • 食物繊維食品を長時間煮込むことによって水溶性になり、吸収しやすくなります。野菜スープや煮込み料理、漢方薬なども同様と言えます。




ケイ素を多く含む食品一覧



食品100g中の珪素含有量 (単位:mg )

<穀類>
からす麦     600
きび     500
大麦     233
小麦     160
とうもろこし     20
米ぬか     10
玄米     5
精白米     0.5
フランスパン    1.5
うどん(ゆで)     1.5
 
<野菜類>
じゃがいも     200
赤カブ     21
アスパラガス     18
ひまわり     15
サラダ菜     7
南瓜(かぼちゃ) 7
苺(いちご)     6
人参     5
干しわらび     5
佃煮しいたけ3

<魚介・海藻類>
あお海苔     62
ひじき     10
あさり佃煮     10
乾燥わかめ     7
はまぐり     7
あま海苔     3.3
昆布     3
あさり     2
鳥貝     2
鮭     0.2

<飲み物>
番茶     10
ほうじ茶     7
ウーロン茶     6
煎茶     5
ココア     5
紅茶     4
抹茶     3
麦茶     2.5
コーヒー     0.5



超濃縮ケイ素PF


超濃縮ケイ素PF50ml初回割引

超濃縮ケイ素PF定期お届け

超濃縮ケイ素PF 500ml200ml一年間返金保証

充実のオプション品

店長ブログ

日本珪素医科学学会承認品認定証

OEM証明書

カレンダー
  • 今日

お荷物は、ご注文日の翌営業日中に発送いたします。

<年末年始の配送業務につきまして>
12/30(水)~1/3(日)にご注文頂きました商品につきましては、1/4(月)の発送予定となります。

お問合せ

●ご注文専用フリーダイヤル

0120-983-159

(受付:9:00~19:00 ※平日土日祝含む)

●店長直通ダイヤル
047-727-5277

※商品やサービスに関するご不明な点など、お気軽にお問合せください。
受話できない場合がございますが、必ず折り返しいたします。

●メールでのお問い合わせ
shopmaster@keisoshop.com


<店長プロフィール>

インターネット系の企業でサラリーマンを10年間経験。
さまざまなストレスの中で、それに対応すべく、健康についての知識を深める。

ミネラル分析の結果、自分にケイ素が不足しているということが発覚したことが、ケイ素との最初の出会い。
その後、ケイ素の様々な働きを知るにつれ興味が深まり、水溶性ケイ素を販売するに至る。

O脚改善サロン
東京・恵比寿にてO脚、X脚、内股矯正サロンを運営しています。健康には正しい姿勢も重要ですので、ぜひチェックしてみてください。

ページトップへ